母子家庭でお金を借りたい場合の有効な方法

母子家庭、いわゆるシングルマザーとして切り盛りしている方は、お金の工面が大変だったりします。

 

特に子供が小さいと、働きたくても、長時間フルタイムで働くことが難しく、生活のためのお金が不足して経済的に不安定になりがちです。

 

いわゆる収入がアップする未来が見えない現実に直面する人も少なくありません。

 

それでは、どうしていくか?詳しく見ていきましょう。

手当を受給できているか?

「どこかでお金を借りようかな?」

 

と考える前に

 

児童手当と児童扶養手当という公的な支援制度をきちんと受給しているかどうか?を確認してみましょう。

児童手当

児童手当とは、0歳から中学校を卒業するまでの間、子供1人に対して月額1万円から1万5,000円のお金を受け取れる制度です。

児童扶養手当

児童扶養手当とは、子供の年齢は0歳から18歳になって最初の3月31日に達するまで受給できる制度になります。
2カ月ごとに年6回受給できます。

  • 子供1人:4万2,330円
  • 子供2人:5万2,330円
  • 子供3人:5万8,330円

公的貸付制度でお金を借りる

手当を受給できていても、お金が足りずに困っている方は、母子父子寡婦福祉資金という制度の活用を検討することをおすすめします。

 

手続きは少々煩雑ですが、無利子で借りられるので母子家庭の強い味方になってくれます。

 

ただし、手当といった受給ではなく、融資になるので、返済の義務が生じるので注意してください。

 

母子父子寡婦福祉資金

 

母子父子寡婦福祉資金は、役場内の福祉課や社会福祉事務所が窓口になっています。

 

母子父子寡婦福祉資金の貸付けを受けれる人
  • 母子家庭の母(配偶者のない女子で現に児童を扶養している方)
  • 父子家庭の父(配偶者のない男子で現に児童を扶養している方)
  • 父母のない児童(法定代理人の同意が必要)
  • 寡婦
  • 40歳以上の配偶者のない女子であって母子家庭の母及び寡婦以外の方
母子父子寡婦福祉資金の貸付金の種類
  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 技能習得資金
  • 就職支度資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 修学資金
  • 就学支度資金
  • 修業資金
  • 結婚資金
母子父子寡婦福祉資金の連帯保証人

児童(子)本人が貸付を申請される場合等を除き、原則として連帯保証人は不要ですが、修学資金・就学支度資金・修業資金・就職支度資金(児童対象分)以外の資金については、連帯保証人を立てない場合は利子が課せられます。(超低金利)

 

母子父子寡婦福祉資金の借入スピード

最短でも、申込みから実際にお金を手にするまで1ヶ月ほど要します。

 

→今すぐお金を借りたい場合は、カードローンがおすすめ

 

母子父子寡婦福祉資金でやりくりできない場合は、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金という制度もあります。