福島原発事故による長期影響地域の生活回復のための福島県民と国際的な専門家との対話集会

―放射能汚染地域における生活と環境の回復における住民参加の重要性―

Community Dialog Forum for Residents of Fukushima Prefecture with International Experts On Returning Life to Normal in Areas Affected with Long Term Radiation from the Fukushima Nuclear Accident
―The importance of the involvement of residents in returning lives and the environment to normal in areas with radioactive contamination―

2012年11月3日(土・祝) コラッセふくしま
主催 環境省(The Ministry of the Environment)
協力 国際放射線防護委員会(ICRP) 福島県立医科大学(the Fukushima Medical University)

対話集会概要

話題提供: 放射能汚染からの回復における住民参加の重要(ジャック・ロシャール)